新築した家特有の新しい木のニオイに包まれて深呼吸

新築した家の思い出と言えば、やっぱり先ずは「新築した家にはじめて入ったときの感動」でしょう。やっぱり新築した家にはじめて入ったときは、大いなる感動を味わうことができましたから。

それに新築した家特有の新しい木のニオイというのでしょうか、新築した家特有のニオイってありますよね。私はそのニオイが大好きですから、思わず大きく大きく深呼吸はしてしまいましたね。

けれども残念ながら、新築した家特有の新しい木のニオイも生活をはじめて1年も経たないうちに消えていってしまうのですが…。できればずっとずっと新築の家のニオイに包まれた生活を送りたいものですが、それは難しいことでしょう。

ですから、私にとって「新築した家」の思い出をもっと厳密に言うのならば、やっぱりまずは家に入ってすぐに包んでくる「新築した家特有の新しい木のニオイ」でしょうか。その感動は一生に一度ないし2度ぐらいしか存分に味わうことはできませんから、やっぱり大きな思い出ですね。