家を新築した感動

自分の家が新築になったのは、かれこれもう10年ほど前のことになります。

しかし、10年たった今でも、新築の家に初めて入った時の感動はしっかり覚えているので、特に感動した部分についてまとめてみました。

まず家に入って驚いたのが、新築だから当たり前なのですが、木が凄く綺麗ということだったのです。

新築前は、かなり老朽化が進んだ家に住んでいたので、柱などの木も触り心地が悪かったのですが、新築後の家の木は常に触っていたいくらい触りごことが良かったのを覚えています。

さらにお風呂もとても大きくなっており、昔入っていたお風呂と違って足が延ばせるようになっていました。

洗い場も2倍くらいの大きさになっていて、これは今でも嬉しく感じています。

他にもトイレやキッチン等、どこを見ても新築を実感できるピカピカ具合で、当時は本当にこんなお城みたいなところに住んでいいのか、って感じでした。

こうやって書いていると、新築の時には掃除もかなりマメにやっていたなと懐かしく思います。